パニック障害はこんな病気  

CONTENTS MENU
パニック障害はこんな病気
このページをブックマークする

パニック障害はこんな病気

パニック障害(PD)に苦しんでいる人が年々増えてきています。男性よりも女性の罹患率が2倍多いと言われています。うつ病を併発することも多く、精神的にとてもつらいものになります。治療すれば治るものですので、じっくりと時間をかけて向き合えば心配することはありません。

パニック障害とは

  誰でも頭がパニックになることはありますね。極度に慌てたりするとパニックを起こしたりします。それにはちゃんとしたきっかけがあってパニックに陥るわけですが、パニック障害の場合は突然脳が現実ではない危機を感じてパニックに陥るものです。自分でもパニックに陥ったきっかけがわからないために、とまどいと同時に、かなりの恐怖感を味わってしまうことになります。年齢でいえば25〜30歳が最も多く、女性でいえば35歳前後が最も多く発病しています。内科や循環器科に通院しても一向に症状が軽くならず、パニック障害を慢性化させてしまい、うつ病まで併発してしまうと治療も長くかかってしまいます。どんな病気でもそうですが、早期発見・早期治療が望まれます。パニック障害は精神神経科や心療内科になります。心臓の検査や呼吸器の検査を受けてもどこも悪くなければ、パニック障害を疑ってみて、医師の診察を受けてみましょう。

どんな症状が?

パニック発作が起ると、息が苦しくなり心臓の鼓動も早くなります。胸が締め付けられるように痛くなり、汗が噴き出したり体が震えたりします。これらが突然なんの前触れもなく襲ってきます。心臓発作と勘違いする人も多く、救急車で病院に運ばれ、検査をしてもどこにも異常が見つからないという結果になります。パニックという現象は、元々人間が持っている反応ですから危険なものではないのですが、自分でも予測できない場面でいきなりパニックに陥るのですから、10分程でおさまるとはいえ、本人にとっては恐怖以外の何者でもありません。一定の同じ場所、同じシーンで発作を起こす人も多いようです。症状については後ほど別項で詳しく説明していきます。

パニック障害の原因

  精神的な病気は、脳の研究が進むまでは気のせいだとか、性格のせいだとか言われてきました。周囲が理解してくれないと言うことは、更に本人を苦しめることになります。パニック障害の原因はまだはっきりと分かっていませんが、脳内神経伝達物質のバランスの乱れが原因であることが分かってきました。神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの乱れによってパニック障害が起きると考えられています。二酸化炭素や乳酸が原因で発作が起りやすいということが分かってきました。脳が原因になっているために、胸が苦しくなって病院にかけこんで、呼吸器の検査や心電図などをとっても何一つ異常が見つからないのはそのためです。この神経伝達物質の乱れを治すことで、パニック障害も改善されていきます。

パニック障害は遺伝する?

パニック障害が遺伝するのかどうかという問題に触れてみましょう。遺伝するものとして、かかりやすい体質があるのかどうかということです。親、兄弟にパニック障害の人がいる場合、発症率は17.3%になり、一般の人と比べると8倍もの発症率となります。これが双子となると、一人がパニック障害になった場合、もう一人の発症率は24%となり、飛び抜けて多くなります。これは一卵性双生児の場合ですが、二卵性になると11%と、少し数値は下がりますが、それでも一般の発症率に比べると10倍、5倍になってしまうのです。こうして数字だけを見ると、遺伝するものだと思うのですが、遺伝子的に見ると、パニック障害が遺伝するという遺伝子が見つかっていないのが現状です。どの場合にしても、脳の機能的障害であるということには間違いありません。

HOMEサイトマップリンク集
copyright (c) 2008-2013 パニック障害ONLINE GUIDE All Rights Reserved.