パニック障害の症状  

CONTENTS MENU
パニック障害の症状
このページをブックマークする

パニック障害の症状

パニック障害と言えばパニックの発作ばかりが注目されがちですが、これはパニック障害の症状の一部にしかすぎません。このパニック発作も含めて症状を詳しく説明していきます。パニック障害が慢性にならないうちに治療が必要です。

パニック発作

  パニック発作はなんの前触れもなく突然訪れます。先の項でも述べたように、自律神経の症状として心臓の動機が激しくなって息苦しくなる、めまい、吐き気、手足がしびれたりします。驚きと同時に不安感、恐怖感に支配され、体がフワフワ宙に浮いているような感覚を覚えることもあり、頭がおかしくなるのではないか、このままどうにかなってしまうのではないかという、生命の危機まで感じてしまいます。汗も異常なくらい噴き出してきて、寒気がしたり反対に火照りを感じたりします。大体は10分ほどで治まりますが、長いと数時間続くこともあります。最初の発作を起こした場所に近づけなくなる場合がほとんどです。心臓が苦しくなる、息が詰まったように出来なくなるなどの症状が現れますので、心臓や呼吸器が悪いと思われがちですが、パニック発作は内臓の異常ではありませんので、検査をしても異常が見つかりません。

予期不安

予期不安は、一度でもパニック発作を経験してしまうと陥りやすい症状です。パニック発作が再び起るのではないかという不安感が生まれることをいいます。一度パニック発作を経験していますので、必ずこの予期不安がつきまとい、発作が起るごとにこの不安感は強くなっていきます。このため神経質になり、自分の体の状態を気にするようになることで、自律神経症状が生じ、これが元でパニック発作を何度も繰り返すようになります。そして徐々に症状が悪化していくのです。

予期不安の症状

予期不安の症状として、またパニック発作を起こすのではないかという不安感や、発作によって起るそれ以外の恐怖感があります。発作を起こして人前で取り乱したり、迷惑をかけたらどうしようという不安と恐怖です。気を失うのではないか、倒れたり失禁してしまうのではないか…等の不安感が常につきまとってしまうのです。

広場恐怖症

  これは、一度パニック発作を経験した人が、決まった場所や状況を避けるようになることです。もしまた発作が起ったら逃げられない場所や助けを呼べないような場所にいられないと不安と恐怖に支配されるものです。ですから、多くは電車やバスに乗ることができなくなります。高速道路などもそうですし、美容院や歯科などの長時間同じ場所に座っていなければならない場面にもいられなくなります。これまでにパニック発作を起こした場所へは、間違いなくと言っていいほど近づけなくなります。

症状の出方

軽い症状の場合は、1〜2つの状況を避けるだけで日常の生活には困らない程度になります。通勤や通学にも支障がなく、買い物も自分で行ける状態です。これが重い症状になると、電車やバスが利用できなくなり、歩いて行動できる範囲でしか出かけられなくなります。これよりも更に症状が重くなると、一人で外出できなくなってしまいます。家から出ることすらできずに引きこもり状態になってしまいます。

パニック障害の経過

パニック障害は、きちんと治療を受ければ治る病気です。しかし、それと気づかずに自律神経失調症であると診断され、症状を悪化させてしまう場合もあります。治療しないでいると、このような経過をたどります。

パニック発作が頻繁に起るようになる。
自分ではまだパニック障害だとは気づかない

時間が経過するとともに、発作への不安や発作が怖くて
一人で外出できないという回避行動が出てくる

回避行動や予期不安が慢性かすると気持ちが落ち込みがちになり
うつ病へとうつっていく

このようにしてパニック障害は経過していきます。うつ病を伴うようになると治るまで時間がかかりますので、早期からの治療が望まれます。


HOMEサイトマップリンク集
copyright (c) 2008-2013 パニック障害ONLINE GUIDE All Rights Reserved.