パニック障害と嗜好品  

CONTENTS MENU
パニック障害と嗜好品
このページをブックマークする

パニック障害と嗜好品

多くの人がアルコール、喫煙、コーヒーを摂取した経験があることでしょう。これらの嗜好品がパニック障害に影響することがあります。お酒もたしなむ程度、喫煙も気晴らしのため、コーヒーも一息入れるためであればいいのですが、頻繁に摂取しているようであれば、PDと呼ばれるパニック障害の患者でなくてもちょっと問題です。

アルコール

  お酒が好きな人は多いでしょう。暑い日やお風呂上がりのビールを日課にしている人も少なくありません。飲んだ直後のほろ酔い気分で気持ちがよくなり、嫌なことが忘れられます。けれどもこの効果は長時間続くものではありません。酔いが覚めると反動が起き、飲む前よりも不安感が強くなってしまいます。飲んだあとのパニック発作やパニック障害の悪化が多いのはそのためです。また、治療のために飲んでいる薬が、アルコールと一緒に体内に取り込んではいけないものもあります。効き目がなくなったり、反対に効き目が強く出すぎてしまう場合があります。抗不安剤はアルコールと一緒にとると様々な危険性が出てきますので、パニック障害の治療中であれば、アルコールの摂取はほどほどにした方がよさそうです。禁酒をさせる医師もいるくらいですので、できれば飲まないに越したことはありません。

喫煙

  パニック障害患者の喫煙率は、残念なことにとても高くなっています。ヘビースモーカーの患者もいるくらいです。アルコールもニコチンも同じような作用があります。吸っているときにはイライラが解消され、不安感もなくなります。反対に喫煙できない状況になると、吸う前よりも強い不安感に襲われてしまい、益々喫煙頻度が高くなってしまいます。とある検査では、パニック障害で喫煙する患者としない患者を比べると、喫煙する患者の方が予期不安や広場恐怖の症状が強く出ていて、マイナス思考も強く、ストレスをより感じやすくなっていることが分かっています。喫煙はパニック障害に見られる様々な症状を起こすきっかけになり、症状を悪化させるばかりではなく、パニック障害がよくなった後にも良くない影響を与えることが分かっています。これらを考慮すると、パニック障害と診断された時点で、喫煙者は禁煙することが望ましいのです。

コーヒー

  仕事で疲れているときに一息入れるコーヒーの味は格別です。ですが、意外なことにパニック障害の患者では、コーヒーを好む人は極端に少なくなります。なぜなら、パニック障害になると、カフェインに敏感になるからです。コーヒーを飲んだあとにパニック発作を起こすことも多く、できれば飲まないことをおすすめします。コーヒーを飲んだあとに不安感を覚えたり、動悸が激しくなったりする場合は飲まないようにしましょう。中にはカフェインの入っていないコーヒーもありますので、どうしても飲みたい場合はそういうコーヒーを利用しましょう。コーヒーだけではなく、なるべくカフェインの含まれているものはとらないようにするのが無難です。

パニック障害の三悪

  パニック障害には三悪と呼ばれるものがあります。「疲れ」「寝不足」「風邪」の3つになります。疲れがたまっていたり、睡眠不足であったり、風邪をひいているときにパニック発作が起きやすいことが分かっています。この3つを見てみると、気持ちが沈みがちな状況になるのはお分かりですね?パニック障害の発作を招かないためにも、疲れがたまっているようであればゆっくり休養をし、寝不足にならないよう、質の良い睡眠をとり、風邪を引かないように体調を管理することが大切です。度を超した生活をせず、規則正しい生活を送っていれば何も気にすることはありません。パニック障害の治療をするにあたり、これらのことに留意して積極的に完治に向けて取り組みましょう。

HOMEサイトマップリンク集
copyright (c) 2008-2013 パニック障害ONLINE GUIDE All Rights Reserved.