パニック障害の診断  

CONTENTS MENU
パニック障害の診断
このページをブックマークする

パニック障害の診断

パニック障害には診断基準があります。どんな診断基準があるのでしょうか。パニック発作を起こすからと言って、全部が全部パニック障害というわけではありません。ここを見ている人は、自分がすでにパニック障害と診断された人の他に、もしかして自分は…と思っている人もいるでしょう。

病院に行くタイミング

  どんなタイミングで病院に行くのか迷っている人も多いでしょう。パニック発作を初めて起こしたときであれば、心臓や呼吸器、内臓関係の疾患を疑って、内科や循環器科、呼吸器科の検査を受けることと思います。そこで異常がないと言われて、初めて精神神経科、心療内科を訪れるのではないでしょうか。最初から訪れる人は少ないと思います。内臓に異常がないかどうかを調べるのは大切です。パニック障害ではない可能性もあるからです。内臓に疾患がないと確定された場合、早急に精神神経科、心療内科を受診しましょう。病院の診察を受けずにパニック発作を怖がってばかりいては、予期不安や広場恐怖などの症状がどんどん進行してしまいます。

病院に行ったら

  体の異常が見つからず、精神神経科、心療内科を訪れたら問診があります。なにも気取ることも自分を飾ることもいりません。包み隠さず聞かれたこと、言いたいことを医師に包み隠さず伝えましょう。パニック発作を起こしたときの状況や症状、気持ちなど、診察を受ける前に、自分の頭の中である程度まとめていくといいでしょう。心の病気だからといって構えてしまう必要はありません。待合室も診察室も、普通の病院と何ら変わりありませんので、気持ちをリラックスさせて行きましょう。

できれば家族と一緒に

  病院に行く際には、できれば家族の人に付き添って貰うことをおすすめします。患者が嫌でなければ一緒に行きましょう。周囲の人の理解とサポートがパニック障害には必要です。体に異常がないために、家族からすら理解してもらえない患者もいます。医師の診断、説明を一緒に受け、パニック障害という病気を受け入れながらも一緒に立ち向かっていく心構えが大事なのです。患者が孤独感を感じるあまり、症状が悪化したケースもあります。患者に安心感を与え、一人ではないのだという心強い味方でいるためにも、診察には同行してあげましょう。患者本人も、迷っていないでまずはきちんとした診断を受けましょう。新しい一歩を踏み出さなければ何も変わらないのです。一つ重要なのは、「頑張って!」「大丈夫?」の言葉は禁物だということです。患者本人は限界まで精神を張りつめて頑張っています。これ以上何を頑張ればいい? 大丈夫なんかじゃない!そんな気持ちになってしまうので、勇気付けたい気持ちから発せられる言葉なのでしょうが、できればこのような言葉はかけないようにしましょう。


HOMEサイトマップリンク集
copyright (c) 2008-2013 パニック障害ONLINE GUIDE All Rights Reserved.