パニック障害の治療法  

CONTENTS MENU
パニック障害の治療法
このページをブックマークする

パニック障害の治療法

パニック障害と診断されたら、完治に向けて治療がすすめられます。薬を使って発作を抑える薬物療法と、心理カウンセラーが行う精神的な方面での治療になります。根本的な治療は精神療法になります。

薬物療法

パニック障害の治療に使われる薬は、「SSRI」「抗不安薬」「三環系抗うつ薬」「その他」の薬に分けられます。患者それぞれの症状に合わせて処方されますが、最低3ヶ月の服用が必要になります。それで効果が見られても、そこから更に1年〜1年半の薬の服用が必要になってきます。その後、医師の判断により徐々に薬の量が減らされていきます。

SSRI

  SSRIは抗うつ薬の一種で、神経伝達物質であるセロトニンが、神経細胞への再取り込みを妨げて、うつの症状を抑える薬です。パニック障害にも効果が高くでるため、使用されています。日本ではSSRIの種類は2種類で、パロキセチンとフルボキサミンになり、副作用も少なく、パニック障害で使われることの多い薬になります。自己判断でいきなり服用をやめてしまうと、めまいや頭痛、不安感などの症状が出ることがありますので、医師の指示通りに服用しなければいけません。

 

抗不安剤

SSRIが出てくるまでは、パニック障害の治療に広く使われていた薬になります。中でもベンゾジアゼピン系のものが使用されていて、細かく分類するとアルプラゾラム、ロフラゼパム酸エチル、クロナゼパム、ロラゼパム、ジアゼパム等数多くあります。これらの薬は、フラフラしたり、眠気がきたりと副作用が若干強めに出るのが特徴です。

 

三環系抗うつ薬

うつ病の治療に用いられる薬ですが、パニック障害に対しても効果が認められる薬になります。ただし、副作用として眠気や便秘、起立性低血圧、口の渇きなどが出やすい為に、抗不安剤やSSRIなどでも効果がみられない場合にのみ使用されるようになっているようです。

 

その他の薬

上記の薬以外で、バルプロ酸という抗てんかん薬が使われたり、プロプラノロールというβ遮断薬などが使用される場合もあります。

精神療法

パニック障害は心の病気ですので薬で症状を抑えても、精神的な面を改善しなければ根本的な治療はできません。精神的・心理的な面をクリアして初めてパニック障害を克服したと言えるのです。

認知行動療法

  認知行動療法とは、恐怖心や不安感を取り除く治療法です。パニック障害の患者は、外出先でのパニック発作を恐れて、広場恐怖を覚える人がほとんどです。一度電車の中でパニック発作を起こしたり、エレベーターの中で発作を起こした経験のある人は、その場所で再び発作が起るのではないかという恐怖感や不安感を抱き、二度と行きたくないと避ける傾向があります。これを回避行動と言います。認知療法はパニック発作と自分の身の回りの状況や体の感覚が、パニック発作を起こすのにどう関係しているのかを理解するところにあります。そしてその回避行動をコントロールするためにはどのようにすればいいのかを自身でしっかりと把握して学ぶことを目的としています。そのコントロールの練習や、回避行動が見られる場所での対処法を習得していきます。自分が不安に思ったり、恐怖を感じる場所でも、うろたえたりせずに安心してその場にいることができるということを目標にし、その場にいても不安を解消できるようになるよう、治療していくものです。

治療への心がけ

パニック障害は自分一人で治せるものではありません。医師と二人三脚するつもりで向き合いましょう。最終的に病気を克服するのは自分ですが、医師やカウンセラーの指示もとても大事です。処方された薬を勝手にやめてしまうと、治療前よりも状態が悪くなる場合があります。完治するまでは、途中で通院をやめるようなことはしないよう、最後までしっかりと、自分は病気を治すんだという意志を強く持って治療に望みましょう。


HOMEサイトマップリンク集
copyright (c) 2008-2013 パニック障害ONLINE GUIDE All Rights Reserved.